1. おきさぽインフォ
  2. おきさぽイチオシ!
  3. 活動取材日誌
  4. おきさぽコラム
  5. Webおきチョイ
  6. 参加登録団体
  7. おきたまのCSR

第15.16回☆おきたま若者交流塾

おきたまネットワークサポートセンター (川西町)

2011年10月19日

20111015日(土)、若者塾第14.15回講座が開かれました。

resize2663.jpg

14回講座では、フリーアナウンサーとしてFM山形リズムステーション「HAPPY MARCHE」、TUY「情報ティータイム」などを担当し、県内で活躍する伊藤博美さんを講師にお招きし、「話の組み立てと会話術」と題してご講義いただきました。

 会話で最も重要なことは、相手にきちんと内容が伝わることです。そのためには、5W1H(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように)を意識し話す・話をひきだすことの他に、声の大きさや頷き・相打ちという要素も必要となってきます。声の表情に気を付けて、一番伝えたいことはゆっくりと、少し低めの声で話すと良いと教えていただきました。

 コミュニケーションの道具として言葉は重要です。しかし、言葉の意味にとらわれず、言葉を発している人の気持ちを汲み取る努力をして欲しいと伊藤さんは話されました。塾生参加のクイズもあり、和やかな雰囲気の中での講義となりました。

resize2666.jpg

 第15回講座では、宮崎合名社代表取締役社長の宮崎亙氏より「起業から企業へ」と題しご講義いただきました。

 ビジネスに大切なことは信念・知識・絆(ネットワーク)であり、情熱で推進力を高めていくことが必要であると説かれ、幼少期のお話から現在に至るまで、ユーモアを交えお話いただきました。

 また、商店街を元気にしようと、花と緑と芸術とスポーツのまちづくりをテーマに山形「ポレポレ商店街」(ポレポレ:タンザニア語でゆっくり・のんびり)を結成し、県内の農家や行政、警察と連携した取組を行われているというお話に、その発想力と行動力を伴った事例に塾生が聞き入っていました。

 地域活性化の具体的な活動のお話を聞けたことは、置賜地域の活性化に向けても有意義なものでした。