1. おきさぽインフォ
  2. おきさぽイチオシ!
  3. 活動取材日誌
  4. おきさぽコラム
  5. Webおきチョイ
  6. 参加登録団体
  7. おきたまのCSR

おきたま 食の力 シンポジウム

おきたま食の応援団 (米沢市)

2012年02月24日

2/23 東京第一ホテル米沢を会場に、おきたま食の応援団が主催する「おきたま 食の力 シンポジウム」が開催されました。

 

食を通じた地域づくりの先進地である「食の都 庄内」より、レストランNico アドバイザーの太田政宏氏、地場産こだわり食材を使った「アル・ケッチャーノ」オーナーシェフの奥田政行氏の2名を招き、また地元代表として、料亭経営者、吉澤彰浩氏を加えた3名のパネリストで、置賜全体が食の力で元気になっていくための可能性を探るディスカッションが行われました。


         ①_small.JPG  ②_small.JPG

置賜の印象を、恵まれた地形を持ち食材の出来がいいところと語る奥田氏。

また太田氏は、食の力を地域に拡充していくためのアドバイスとして、地域の人々や生産者が自ら外食し、置賜にどんな食材があるのかを知り、ほこりを持つことが大事だと話されました。

 

「食の都 庄内」に見習って、地場産食材のローカルブランド化を図りたいと話す吉澤氏は、紅大豆とつや姫を用いた料理を例にあげ、伝統食材を掛け合わせることに可能性を感じるとのことでした。

 

パネルディスカッション後は、会場を移し、太田氏・奥田氏 両名が置賜伝統の食材を用いて作った料理の試食が行われ、訪れたたくさんの人は地元食材の美味しさに驚きを隠せない様子でした。また、地元からは米沢芽生会をはじめとし、置賜管内の直売所が並び、地元食材の魅力を発信していました。(担当:梅津)

        ③_small.JPG  ④_small.JPG