1. おきさぽインフォ
  2. おきさぽイチオシ!
  3. 活動取材日誌
  4. おきさぽコラム
  5. Webおきチョイ
  6. 参加登録団体
  7. おきたまのCSR

本気スイッチ 起業塾(初級編)に参加してきました!

特定非営利活動法人 長井まちづくりNPOセンター (長井市)

2012年12月10日

 起業についての考え方や無理なく続けられるコツ、起業する事によって地域も自分も元気になるヒントをつかみ、
起業するきっかけとなることを目的として「長井の地域力活性化推進事業」の一環で「本気スイッチ 起業塾(初級編)」が11月17日(土)に開催されました。
 
 前半は、テレビでもおなじみ、神戸国際大学経済学部教授の中村智彦先生より「新規ビジネスで、地域も元気に、
私も元気に」ということで、お話をおききしました。
 
 商売をはじめるときのポイントは、
  ・フリーマーケットや市などで自分の実力がどんなものかお試しをしてみると良い。
  ・初めのうちは、たくさん儲けるのではなく、月に2~3万の売り上げを考えることから始める。
  ・いかに初期投資を小さくするか。
  ・商売は売るだけではない。
などの視点でお話されました。
 
 また、売上を考えるときは、原価計算は重要で世の中にはタダのものはない。原材料がタダでも、それがずっと
タダのままとは限らなかったり、いつも手に入るものとは限らないこともあるので、考慮が必要。人件費も忘れては
ならないということを学びました。
 
 お話の中で印象に残ったのは、個人店舗の強みは、いかにそこを「場」にできるかということが大事ということです。
そこの場所に来るとこんないいことがある。リラックスできる。居心地がいい。いるだけで楽しい‥。商品ももちろん
大事だけど、場ができていないと、商品も生かされてこないというお話になるほどと思いました。
resize3194.jpg

 後半は山形中央信用組合常務理事の渋谷道治さんより、「金融機関との上手な付き合い方」についてお話を
おききしました。大口のお金を借りたい時は、都市銀行や地方銀行だが、信用金庫や信用組合は、その地域の
ことに詳しいので、色々な事情も知っていることが多く、信頼関係をしっかり持ってお付き合いすると、色々な
アドバイスを受けることができるということでした。
 気軽に訪れてご相談いただいても良いし、会社に訪問してと呼んでいただいても良いとのことで、身近な
金融機関の良きパートナーとして、上手にお付き合いすると良いということでした。

resize3195.jpg


 起業塾に参加したみなさんの本気スイッチはオンになったようです!
                                                           (金 田)