1. おきさぽインフォ
  2. おきさぽイチオシ!
  3. 活動取材日誌
  4. おきさぽコラム
  5. Webおきチョイ
  6. 参加登録団体
  7. おきたまのCSR

キラッと輝け!きらり体験アフタースクール

特定非営利活動法人 きらりよしじまネットワーク (川西町)

2013年07月23日

7月23日(火)夕刻
川西町吉島地区のローソン店内には、少し大きめのユニフォームを纏った店員の「ありがとうございます!」の声が響いていました。

その店員の正体は、放課後の時間を利用して職業体験をする吉島小学校の生徒さんたちでした。



130723kirari_afterschool1.jpg
県の委託を受け7月から始まった「地域の放課後づくりモデル事業 キラッと輝け!きらり体験アフタースクール」は、小学校3~6年生の生徒たちが10程のプログラムからいくつかの職業を選択し、3回に分けて「働く」を体験するというもの。

この日はコンビニエンスストア体験の第2回目ということで、14人の生徒を連れて手を洗ってから、店の裏側に回り補充作業をおこないます。

130723kirari_afterschool2.jpg








体験学習のときには"オーナー"や"店長"ではなく、"先生"と呼ばれます。





130723kirari_afterschool3.jpg




"先生"から商品補充の説明をうけ、順々に売れた商品の補充をしていく生徒さんたち。


「どれ?あれが足りない!」
「この赤いやつ探して」
「これが売れてるね」


などなど、会話が聞こえてきます。

130723kirari_afterschool4.jpg





裏側からの補充が終わると、今度は店頭で商品の陳列です。
上の段と下の段で担当する人を分けたりと工夫しながら、熱心に面をそろえていました。




この間、もちろん店には一般のお客様もいらっしゃいます。
生徒さんたちの隙間を縫うようにして商品を手に取られたお客様に対して"先生"が「ありがとうございます」と声をかけると、14人分の「「「ありがとうございます」」」が後に続くのでした。

約1時間の体験終了後には、「楽しかった」「そんなに大変じゃなかった」と口々に率直な感想を聞くことができました。
しばらくの間、吉島のあちこちで職業体験に勤しむ子どもたちの姿を見ることができそうです。